社長が変われば社員が変わる!社員が変われば会社が変わる!会社が変われば家庭が変わる!

津隈亮二 氏「明るさと正しさ」経営者モーニングセミナーを実施しました

本日のモーニングセミナーは、倫理研究所法人局 津隈亮二さんによる「明るさと正しさ」をテーマにした講話でした。

経営者は立場上、社員にやるべきことを正しく伝えることが求められる多いですが、その際に伝える側に求められることととして何が必要かを教えていただきました。

正しさと明るさは両輪であり、多くの人は他人の問題を指摘するばかりで自分のことは棚に上げているが、そこに明るさを持って伝えることで聞き手が真摯に受け止めるようになると感じました。

経営の極意とは、雨が降ったら傘を差すこと。つまり、当たり前のことを当たり前にやることという言葉が特に印象に残りました

本日も貴重なお話をありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

企業に倫理を!職場に心を!家庭に愛を!:鹿児島市倫理法人会は経営者の自己革新と企業の繁栄を目指し、活力あふれる職場づくりを通して地域社会に貢献します。

目次
閉じる